life is good

健康に良いことやライフイベントを紹介する雑記ブログです。

あくびがうつるのは集団としてバランスがとれる一種のコミュニケーション!?

f:id:polarabworks:20181106035828j:plain

他人のあくびによって自分もついついあくびがでることってありますよね。眠くもないのについ伝染してしまうあくび。そんなあくびが科学的にわかってきました。今回は【あくび】の効果となぜ伝染するのかについて調べてみました。

こんなひとに読んでほしい

  • あくびの効果とは
  • あくびがうつる理由

あくびは自律神経を整える

f:id:polarabworks:20181106041523j:plain

あくびというものはごご存知の通り、体の各部を総動員した複雑で大きな動きで表現しますよね。腕は伸び、顔は収縮し、眉の端は持ち上がり、目は細くなり、舌は後退し、中耳の圧力は外界の圧力とバランスを回復し、心拍数は増え、涙や唾液が分泌され、などなど。

一度にたくさんのことが起きているので、どれか一つを抜き出して、これが原因だの目的だのと特定するのは不可能です。そこで、人があくびをする主な理由としてこう定義しましょう。

【あくびには、人の様々なバランスを回復させる作用がある】と。

あくびには乱れた自律神経を整える効果があるのです。

あくびは緊張と不安の表れ

あくびには、退屈した人の目を覚まさせる働きがあり、ストレスでヘトヘトになった人をリラックスさせる効用があります。

また、人があくびをするのは眠いからばかりではなく、不安もまた引き金になっているのです。これから舞台に上がろうとする演奏家は、あくびをしそうな発作に襲われがち。

あくびは緊張したとき、筋肉の緊張をほぐすため無意識にでてしまうのです。

あくびが伝染する理由

ではなぜ、あくびが他人にうつるのでしょうか?伝染の理由を、進化論的に説明するとこうなります。

「あくびは、大きな集団の構成員の行動と生理を同調させる働きをする」と。

 

例えば、あなたが集団の中の1人だとします。

状態に応じて警戒状態だったり、リラックス状態だったりすると、 同時にあくびをすることで集団としてバランスがとれ、目的にかなった状態になることがあります。

あくびはまた、寝る時間を伝えるコミュ ニケーションの信号にもなるのです。

集団行動の原型

動物が多数集まった集団は、いっせいに行動する必要がありますよね。

そのほうが、個々の動物が勝手にそれぞれの予定に従って行動するよりも、効率がいいからだと言われています。たとえばイヌと人間が狩りをするときも、集団でいっせいに行動するほうが成果を上げやすくなりませんか?

あくびは、そうしたいっせい行動のきっかけになっているといるということ。

実際、あくびはあらゆる動物に共通の現象です。

ネコもあくびをするしニワトリも爪先立ちをして羽をはばたかせてあくびをします。もちろん魚もあくびをします。

でも、なぜあくびが伝染するかという生物学的な仕組みを説明するというのは解明されていません。

 

1つに「伝染の原因が暗示の力にある」とする単純な回答もあります。

人から人に飛び移る一種の微生物やオーラがあると考えるもので、いささか常識外れですよね。そもそも、テレビを見ていただけであくびを誘発してしまいます。あくびをしているのを見たり、あくびの話を聞いたり、果てはあくびのことを考えたりしただけでもあくびは誘発されるものです。

あくびにも順番がある

あくびには伝染しやすい順番があるらしいです。

もっともあくびがうつりやすいのが『親族』次に『友人』『知人』『まったくの他人』の順にうつりやすいと言われています。また人のあくびは飼い犬にも伝染します。

しかも伝染する確率は5倍もアップするとか。

 

脳の中には、一種のあくびの引き金が存在しているということでしょうか。

とにかくあくびは脳に良い

あくびをすると、脳内の不足していた血液が流れ込み、活性化します。

血液が不足している状態はエネルギー不足状態ということです。

脳細胞は体温調節なども行っているので、脳内の血流が上がれば体温も上がり、冷えの改善にも繋がっていきます。あくび万歳!

あくびには、人の様々なバランスを整える働きがあるということ、また、他人にうつる理由としてはいっせい行動のきっかけを促すという集団心理で起こっているのかもしれません。あくびを見ても我慢せずに、おもいっきりしたほうが脳にも良いし、自律神経を整えてくれるのでどんどんやっちゃいましょう。TPOをわきまえてね。