life is good

健康に良いことやライフイベントを紹介する雑記ブログです。

毎日コーヒーを飲むメリットとは。毎日飲めば長生きすることも。

f:id:polarabworks:20181107001959j:plain

子どもの頃、コーヒーには大人のイメージがあって、憧れの飲み物でした。

初めて飲んだときはその苦さにびっくりしたことを覚えています。慣れるとあの香ばしい味わいが大人だなぁって思うこともあります。でも、どこか体に悪そうな気がしていました。コーヒーのことを調べてみると意外にもコーヒーは健康によく、毎日飲めば、飲まない人よりも長生きするという調査結果もでていることも。

コーヒーの効能を再度、見直してみたいと思います。

こんなひとに読んでほしい

  • コーヒーが大好きな人
  • コーヒーのメリットや効果
  • コーヒーを飲むタイミング

コーヒーは薬

f:id:polarabworks:20181107002219j:plain

コーヒーが日本に紹介されたのは、今から200年前だと言われています。

京都の宮家の侍医広川はその著書「長崎聞見録」に「溜飲を消し、気を下ろす。」とコーヒーの効能が示されております。南蛮渡来のこの飲み物は、当初【薬】として広められたらしく、今日では、世界有数のコーヒー消費国の日本となっています。

一人当たりが1年で100杯のコーヒーを飲んでいることになる計算で、どうやらその効能については忘れられてきているみたいです。

世界中の人々を魅了したコーヒー

コーヒーが本格的に飲まれ始めたのは15世紀後半の頃、イスラムの国だったといわれています。最初はアラーへの祈りを捧げるときの『眠気ざまし』だったが、人々のあまりの熱中ぶりにコーヒー禁止令まで出るというほど。ワイン同様の興奮作用があることがその理由で、翌年には禁止令が解かれるほど、コーヒーの人気はとても高かったそうです。

ドイツでは18世紀にコーヒーの大流行でビールが売れなくなるという現象も発生するほどだそう。

コーヒーの効果と実験

f:id:polarabworks:20181110222703j:plain

私たちが普段からコーヒーを飲む一番の理由はやはり【目覚まし効果】だと思います。一般に知られている、コーヒーの目覚まし効果は、その成分が中枢神経に働きかけるからなのです。

東京大学医学部薬理学教室で長期間に渡り実験が行われており、カフェインレスとカフェイン入りのコーヒーで比較する実験が行われました。

 

カフェインレスでは成績が上がらず、カフェイン入りのコーヒーでは成績が上がり続けることがわかりました。

実験でも、計算式の成績をアップさせることが分かり、運動面でも長距離を走り、疲労が大きいほど、コーヒーの効果が強く表れています。

 

つまり、疲労し集中力が鈍ったときほど、コーヒーのカフェイン効果が続くということなんです。

高ぶる神経を沈める効果も

f:id:polarabworks:20181107002407j:plain

目覚まし効果ばかりが注目されがちなコーヒーですが、実は興奮をしずめる効果もあることがわかっています。

興奮や緊張で神経が高まったときにコーヒーを飲むと、すばやく神経を鎮静させ、リ ラックスすることができます。つまり、コーヒーは疲労や眠気で神経が鈍ったときは覚醒させ、逆に興奮で神経が高まったときは鎮静させてくれる働きがあるんです。

 

漢方では人間の体の陰陽の調和を大切にする教えがあり、身心が陰のときは陽に、陽のときは陰にするコーヒーの効果はきわめて漢方的だと言えます。

コーヒーが漢方的効果になる

世界中で最も多くコーヒーを飲むのは寒い北国の人々。

それはコーヒーが体を暖めてくれるからなんです。

実際にぬるいコーヒーを飲む前と飲んだ後では熱量の違いがはっきりと出てきます。コーヒーの成分がエネルギー代謝を高めたためで、その効果は1杯分がジョギング2分間に匹敵するほどなんです。

でも、その効果には個人差があり、誰にでも効くとは限りません。

 

コーヒーの漢方的効果をまとめると、代謝を促し、体を暖めることと利尿効果があります。したがって、冷え性、低血圧やむくみのある人に効果的だということです。

ただ、コーヒー中のクロロゲンという成分が胃を刺激するので潰瘍のある人にはおすすめできません。

コーヒーを避けるタイミングと飲むタイミング

f:id:polarabworks:20181110222334j:plain

空腹時

空腹時にコーヒーを飲むと、お腹が痛くなることがあります。

これは、コーヒーのカフェインに胃酸を分泌させる働きがありますが、胃は空っぽなので、胃酸で傷ついてしまうからです。

就寝前

コーヒーの覚醒作用により、眠れなくなってしまうことがあります。寝る前は水やホットミルクにしておきましょう。

1日の適正量がコーヒー4杯だと仮定し飲むタイミングは?

コーヒーには消化促進作用があるので、一番のタイミングは食後です。

また昼食と夕食の時間が6~7時間離れている場合は、その間に1度、コーヒーブレイクを挟んでも良いと思います。

 

各食後に1杯ずつで3杯、昼食と夕食の間に1杯なので、これで4杯になりますね。

1日で飲む回数は3杯〜4杯くらいがちょうど良いでしょう。

 

コーヒーを飲む時はブラックにしたほうが良いです。砂糖などが入っているとカロリーオーバーになってしまうので入れるなら控えめに。

過去記事にコーヒートリビアも紹介しているので、ぜひこちらも読んでみてください!

 

コーヒーの危険性

カフェインをとりすぎると依存体質になってしまう恐れがあり、過剰摂取が常習化してしまいます。他にも胃潰瘍や皮膚疾患なども懸念しないといけません。

日々の適正量を守って飲む時は空腹時や就寝前を避け、ブラックで飲むようにしましょう。

朝に飲む1杯のコーヒーはおいしい

f:id:polarabworks:20181107002706j:plain

1日の始まりは1杯のコーヒーから!健康的なコーヒーの飲み方をお教えします。

朝から身体の感覚を活発にするためには、やはりホットがおすすめ。

成分は変わりませんが、朝からシャキッとしたいなら、冷たいアイスよりもホットで飲むほうが良いんです。

そして朝食を必ず摂りましょう。コーヒーには胃腸の働きを活発化する効果があります。しっかりと朝ごはんを摂ることでこの効果が得られます。

朝ごはんをコーヒーだけはやめときましょう。

コーヒーに関するメリットと効果でした。

コーヒーは健康によく、毎日飲めば飲まない人よりも長生きするという調査結果もでているらしいので、日頃なんとなく飲んでいるという人は、これからは気にかけながら楽しく飲んでみてはいかがですか?