life is good

健康に良いことやライフイベントを紹介する雑記ブログです。

【iPhone XR】XSに劣らないすごさ!要点だけを押さえておこう

6色のカラーバリエーションで目を奪われるほど美しい

f:id:polarabworks:20181023015238p:plain

iPhone XS/XS Maxとならんで発表されたのがiPhone XRです。

前回ご紹介したiPhone XS/XS Maxとはまた違う6.1インチのLiquid Retina HDディスプレイ、A12バイオニックチップ、FaceID、先進的なカメラシステムや嬉しい6色カラーでAppleの思いが伝わってくる新世代スマートフォンの登場です。

今回はそんなiPhone XRの情報をご紹介させていただきます。

 

 

リーズナブルだが廉価版ではないiPhone XR

f:id:polarabworks:20181023015822p:plain

今年のメインモデルは、iPhone XS/XS Maxだと思う人も多いと思いますが、端末の価格を見ればXS/XS Maxのほうが高価であることは確かですよね。気になる価格は後半に掲載。XRがワンランク下であることは間違いないですが、『廉価版』という響きが相応しいといえば、ちょっと違うと思います。

iPhone XRはXSで実現した最先端の技術や機能をふんだんに搭載されていることなんです。iPhone XRでも共通するのがオールスクリーンデザイン。3Dタッチが搭載されていませんが、基本的な操作はiPhone XSを引き継いでいるということは間違いないんです。

もちろん価格がXS/XS Maxより抑えられていることからスペック上の違いは存在します。フレームはアルミニウム製で作られており、先進的な液晶パネル【リキッドRetina HD】ディスプレイを搭載しています。

背面カメラは12MPの広角一つしか備わっていませんが、ここで重要なのはスペックの細かい違いではなく、体験する違いを見だすかどうかなんです。

写真やビデオ、ビデオといったコンテンツを楽しんだりするときでも、本当に満足できるかどうか、自分らしさを1番に出す6色のカラーなど、最先端スマートフォン体験ができる優れたモデルではないでしょうか。

発売は10月26日から、XSにするかXRにするか迷っている方もいますよね。

 

■購入ポイント

 

広角レンズ一つでもポートレートモード

f:id:polarabworks:20181023020301p:plain

XRの背面カメラは、XRシリーズのようにデュアルレンズではく、iPhone8や7のようなシングルレンズタイプになっています。センサ解像度やレンズの絞り値の数値はXSシリーズと同じ性能なんです。

もちろん光学式手ぶれ補正は搭載していますが、XSのように2倍の光学ズームではなく、デジタルズーム最大5倍となっています。

ビデオ撮影時も同様光学ズームもXSの最大5倍と比べ最大3倍になっています。

しかし違いはあれども、ボケ効果や深度コントロールが使えるポートレートモードが搭載しております。XRではポートレートライティングは【自然光】【スタジオ照明】【輪郭強調照明】の3つまでという点は購入判断ポイントとなっています。

前面カメラではXS同様5種類のポートレートライティングが使えます。

 

3Dタッチ廃止で新たな操作感【Haptic Touch】が搭載

XRにはスクリーンを押さえる強さによって異なる操作を行える【3D Touch】というものが搭載されています。実はあまり使ったことがない。XRには3D Touchは搭載されず、代わりに本体を長押しすることで擬似的なクリック感を提供する【Haptic Touch】(ハプティックタッチ)が搭載されています。スクリーンを押す「Peek」とさらに強く押し込む「Pop」の2段階の操作を用いなくても、ハプティックタッチで同等の操作ができるようになっています。

スペシャルイベントでは「コストダウンのためだけではなく、そもそも利用する人が少なかったため3Dタッチを廃止した」という意見もあり、XSリシーズには3Dタッチを搭載してますが、今後はハプティックタッチが主流になるのではないでしょうか。

 

嬉しい長持ちバッテリー

搭載しているバッテリ容量もXSシリーズとXRシリーズで異なるため、バッテリ駆動時間も違いが生じています。下の一覧をみてのとおりXRはXSよりバッテリの持ちが良いようです。

f:id:polarabworks:20181023020606p:plain

 

耐水・防塵性能

XSシリーズでは最大水深2メートルで最大30分間の耐水性能がありますが、XRは最大水深1メートルで最大30分間の耐水性能です。

 

iPhone X未体験の人のために新iPhoneの機能おさらい

Face ID

iPhone XS/XS Max/XRではiPhone X同様にホームボタンが完全に廃止されました。

代わりにオールスクリーンを採用したX以降に搭載されているのが前面【TrueDepth】。カメラを使った【FaceID】と呼ばれる新しい認証方法です。

 
ポートレートモード

ポートレートモードは被写体をくっきり移し、背景をぼかした写真が撮れる機能です。今回のアップグレードによってぼかし具合を調整できる機能が搭載されています。

 
ワイヤレス充電

Lightningケーブルを本体に接続して行う充電をiPhone8からケーブルのいらないワイヤレス充電が可能です。ワイヤレス充電には安いものから高価なものまでありますが、安いものはすぐに壊れます。

アニ文字・ミー文字

iPhone Xから自分の代わりにアバターを使ってしゃべってもらう「アニ文字」が利用できます。アニ文字は前面カメラに向かってしゃべったり表情を変えることで、まったく同じ動き表情をしながら同じ言葉をしゃべってくれる機能です。

ios12以降では自分自身を作成してアバター【ミー文字】も利用できます。フェイスタイムで使う様々な場面でコミュニケーションを盛り上げること間違いなしです。

 
お値段の比較とサイズ

比べると、XRに関しては10万を切るリーズナブルな値段です。

f:id:polarabworks:20181023020704p:plain

 

おわりに

f:id:polarabworks:20181023020728p:plain

いかがでしたか?今回はiPhone XRについて少しだけ紹介しました。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。見極めのポイントしては、値段、画面サイズなど、デバイスごとの違いをよく理解して、自分にあった最適な1台をみつけてください!