life is good

健康に良いことやライフイベントを紹介する雑記ブログです。

iPhone XS/XS Max もっとも賢く、パワフルなスマートフォン!あなたはもう手に入れた?その1

スマホの歴史を塗り替える、これがiPhone XS/XS Max

f:id:polarabworks:20181020231955p:plain

 

2018年9月のスペシャルイベントで発表されたiPhoneXS(テンエス)・XS Max(テンエスマックス)は、昨年リリースされたXの後継スマートフォン最新モデル。

搭載されたオールスクリーン6.5インチディスプレイは息をのむほど美しく、写真や動画も今まで以上に迫力満点に味わうことができるんです。

また新色も登場し、スペースグレイ/シルバーから新しくゴールドが登場し、ますます美しく高級感ある仕上がりで魅力的ですよね。

気になる価格はiPhone XSが11万2800円(64GB)。

iPhone XS Maxは12万4800円(64GB)どちらも税込となっています。

今回はそれらの新たなフラッグシップモデルの進化をご紹介します。

 

 

巨大なディスプレイを搭載してもスマートさを維持し続ける

f:id:polarabworks:20181020230631p:plain

 

iPhone XS・XS Maxのデザインは、前機種iPhone Xで打ち出された方向性を受け継いでいると言われています。XSはXと同じ外寸で、背面はガラスパネル。

そしてXS Maxの方は、幅が6.5ミリ、高さが13.9ミリ、iPhone XSよりも大きく、巨大に見えますが、実はiPhone 8 Plusよりも若干コンパクトになっているんです。

重量も8Plusの202グラムに対しXS Maxが208グラムとそれほど差のないと言っていいですね。

カラーは【スペースグレイ】【シルバー】に加えて新たに【ゴールド】が誕生!

色の映え方や光を受けての反射律なども深みのある仕上がりになっているんです。

 

■セレブ感漂う新色ゴールド

f:id:polarabworks:20181020232358p:plain

XS・XS Max共通の新色として【ゴールド】が登場しました。

原子レベルで行われる高度な物路蒸着処理により背面のガラスパネルにも美しくマッチする色と反射律が実現されています。

 

ステンレス製のスチールフレーム

f:id:polarabworks:20181020233105p:plain

ボディには、Appleが開発した合金に医療器具レベルの精密な機械加工が施されたステンレス製スチールを使っているんです。iPhoneXとXSのケースの外寸は同じだけど、背面カメラの出っ張り部分が異なるためXのケースは使うことができない場合があるので、チェックしておいたほうが無難です。

 

 特別仕様?有機ELディスプレイで迫力コンテンツをさらに楽しめる!

f:id:polarabworks:20181020233947j:plain

iPhone一番の魅力がXS Maxに搭載された6.5インチ巨大ディスプレイですよね。

これってもうタブレットに近いですよね。

市場では7インチタブレットが販売しているんですから。しかもサイズが拡大しただけじゃなく、XS/XS Maxともに458ppiという【スーパーレティナディスプレイ】が搭載されているんです。また有機ELに素材が変わりコントラストや発色が大幅に改善されていることなんです!

これは今後発売されるiPhone XRも同じサイズのディスプレイが採用され、このサイズが標準サイズになるそうです!

 

 より高画質を求める時代になった

今回発売から約1ヶ月が経ちましたが、前モデルからの1年間でiOS用の【YOUTUBE】アプリがHDR(ダイナミックレンジ)動画の再生に対応するなど、ディスプレイの性能を余すことなく発揮できる環境が整ってきました。規格も【ドルビービジョン】【HDR10】の2つのサポートなど伴ってコンテンツなども増えるのではないでしょうか。

  • XS/XS MaxはiPhone史上最高の解像度
  • 2つのHDR方式「Dolby Vision」「HDR10」
  • 目に対する違和感を低減させることができるTrue Tone
  • 圧倒的な1000000:1のコントラスト比

 

 圧倒的なのはディスプレイだけじゃない【A12】チップ

これまでのiPhoneの歴史を振り返ると、新しいモデルが登場するたびにCPUのパフォーマンスが向上してきました。iPhone Xs/Xs Maxに搭載されている【A12バイオニックチップ】はCPUの性能向上は約1割程度に抑えられ、その分消費電力を低く抑えることに成功しています。

またARなどの高度なグラフィックス処理を必要とするアプリの操作性も格段にアップしました。ユーザーに嬉しい起動時のローディング時間の短縮などアップルさんの姿勢が反映されていることがはっきりわかりますね!

 

過去のiPhoneGPUとCPUを比較してみた

f:id:polarabworks:20181021002415p:plain

 

 より長く使えるように

iPhone XS/XS MaxはA12バイオニックチップ搭載により消費電力を最大50パーセントも抑えているんです。その結果、バッテリー時間はXよりもXSは最大30分伸びておりXS Maxにおいては最大1.5時間も長く駆動できるようになったんです!

そしてワイヤレス充電に対応していることも、またいいところですよね。ネットワークも格段にあがっており高速なダウンロードが可能になった言われています。【ギガビット級LTEに対応だそうです。わたしには少しわかりにくです。

それで、もっとも嬉しいのが【予備電源機能付エクスプレスカード】がサポートされたこと!これは、フェリカで設定したSuicaなどを使用する時にiPhoneのバッテリーが切れた後でもしばらく使えるという機能なんです!

電車の中でバッテリーが切れてしまってSuicaが使えない!っという体験をした人もこれさえあればもう安心ですね!

f:id:polarabworks:20181021003836p:plain

 

 

 

おわりに

今回はiPhone XS/XS Maxの紹介と過去のiPhoneの比較などをお伝えしました。

iPhoneはこれまでと同様にアップルストア直営店やアップルオンラインストア、各キャリアの販売店、家電量販店などで購入することができます。比較を参考にしてぜひ購入を検討をしてみてはいかがでしょうか?

次回は、気になるカメラ機能についてお伝えしたいと思っております。お楽しみに。

でわでわ。